[javascript メモ] switchの評価メモ

カンマ演算子が左オペレータ、右オペレータの順に実行し
右オペレータの実行結果を返す性質を利用し
swich文の評価の動作を確認してみます。

// コンマ演算子テスト
console.log("コンマ演算子テスト");
var val = (console.log("1"), a = 1, console.log("3"), (function(){ return 4 }()) ); // 1 3
console.log( a ); // 1
console.log( val ); // 4

// switchのテスト
console.log("switchのテスト");
var i = 3;
switch( i ) {
  case (console.log("t1"), 1):
       console.log("処理1");
       break;
  case (console.log("t2"), 2):
       console.log("処理2");
       break;
  case (console.log("t3"), 3):
       console.log("処理3");
       break;
  case (console.log("t4"), 4):
       console.log("処理4");
       break;
  default:
       console.log("処理5");
       break;
}
実行結果
js_t_comma1.png

参考サイト
oogattaの勉強日記 カンマ演算子と VariableDeclarationList